賃貸アパートに住んでわかった引越しのコツ

アパートを賃貸し続けて分かった引越しのコツ

私は、高校を卒業をしてから実家を出ました。それから20年余りの間に、10カ所以上の転居を繰り返しています。場所もいろいろで、千葉、神奈川、埼玉、群馬、新潟、三重、滋賀、大阪とそれぞれ気候も文化も、それ相応に異なる場所に住んでいました。年数と引越し回数からみても分かります様に、2年間に1度は引越ししている状態です。これだけ多くの経験をしていると、引越しのコツやら、賃貸物件を選ぶコツなど、色々覚えるものです。本日は、そのコツの中でも、賃貸物件、特にアパートを選ぶ時のコツを一つ紹介したいと思います。

まず、賃貸物件、特にアパートの探し方ですが、基本的には新築から3年以内のものを選ぶと良いでしょう。「そんなの当たり前ではないか?」という人が多いと思いますが、実際に物件をみて回ると、部屋の間取りであったり、駅からの距離であったり、実際に逐年数より重要なポイントがあり、結局は優先度が落ちるものです。しかし、実際には、優先度を一番上にして欲しいというのが、逐年数なのです。というのも、最近のアパートの設備というのは、数年単位の違いでも圧倒的に設備が変わってきているからです。例えば、いまや追い焚きやウォシュレットは当たり前のものですが、築10年を超えたりすると、これら設備はついてこないものが多く存在します。また、防音、防暖に関しても、大きく異なります。そういっても「いやいや、私はそんなことあんまり気にしないから大丈夫」という人もいるでしょう。しかし、実際に無い状態とある状態の差は、予想以上に大きく。結局失敗したなという気になるのです。特に、一度、新築系を経験していると、もう戻る事はできません。今の時代の賃貸は、設備の充実度が非常に重要だと思っています。是非、逐年数の浅い物件を探して下さい。さて、では、どうやったらこういった新築物件の探せるのか?ですが、これは、実地での運に任せるしかないです。「それではコツでも何でも無い」と怒る人がいるかもしれません。なので、ここがコツなのですが、もし新築が無い場合、不動産の方に、「リフォーム物件」が無いかを聞いてみて下さい。実はこういう物件、外からの見た目はイマイチですが、中は最新設備で目を見張るものがあります。また家賃も安いです。また、こういった内容は、普通に探すと不動産の人は、教えてくれない時があるので、是非聞いてみて下さい。

 比べてお得!